忍者ブログ

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

★押忍という挨拶

押忍。

カラテの挨拶はすべて「オス」なのです。
この押して忍ぶという意味は、尊敬・感謝・忍耐という精神を持っています。

そして、この押忍、恐ろしいことに肯定の言葉です。
すなわちカラテには否定の挨拶がありません。

よって師範が・・・

「腕立て100回やってください」
「押忍」

「こんど試合に出ましょうね」
「押忍」

「ちゃんと型覚えましたか」
「押忍」

と、すべて受け入れ肯定するという言葉です。

よって、極真での挨拶はすべて押忍。

オス
オーーース
オス、オス、オス。
オーーースッ?

などというバリエーションで答えていくのですが、否定はありません。
おはよう、こんにちは、こんばんわ、さようなら、おつかれさま、おやすみなさい、全部オスです。

これは、きっと潜在意識が変わるのでしょう。
ジム・キャリーの映画で、こんなようなのがありましたけど、武道としての稽古なので、問題ないと思います。
たぶんね。。。

PR

Copyright © 天地真理郎(あまちまりお)の『押忍!超・超・超初心者のための国際空手道連盟「極真会館」壮年部入門・過去の稽古日記』 : All rights reserved

TemplateDesign by KARMA7

忍者ブログ [PR]

管理人限定

天地真理郎(あまちまりお)リンク集

PR